こどものための易経


『こどものための易経』

出版社:致知出版社 (2018/7/30)
著者:竹村 亞希子・都築 佳つ良
価格:1,620円

易経(えききょう)と聞くと、占いを思い浮かべる方も多いと思います。

易経は、およそ5,000年前の中国の書物で、世界で最も古い書物と言われています。

なかなか難しいです・・。(汗)

しかし、中国思想を語る上では、非常に重要な書物であり、自然の変化や法則を説いています。

私もいずれじっくり勉強したいと思っています。

難しい易経はさておき、

今日は、『こどものための易経』をご紹介させて頂きます。

易経研究家が子供向けに書いた本で、易経の解説ではなく、言葉を引用した道徳本です。

昔し、子供の電話相談室と言うラジオ番組がありましたね。

子供の素朴な疑問に皆さんは答えられますか?

例えば・・

「夢ってかなうの?」

「友だちができない時ってどうすればいいの?」

「なんで苦労しなくてはいけないの?」

そんな疑問への答えが書かれています。

子供に読み聞かせするといいですよ!

待合室に置いてますので、ご自由にお読み下さいね。

^_^