病院で治らなかったヘルニアって鍼灸で治るの?

日曜日は京都で鍼灸のお勉強です。

京都はいつ来てもいいですね。

町をぶらぶらするだけで、

古民家を民宿にした素敵な京町家がさらっとあります。

 

なぜヘルニアが鍼灸で治る可能性があるのか?

電話でこんなお問い合わせを頂きました。

『ヘルニアで病院へ通ってるのですが良くなりません。鍼灸で治りますか?』

答えは、

『治る可能性があります。』

です。

なぜそう言えるのか?

今日はその理由をご説明させて頂こうと思います。

その前に、ちょっと話がそれますが、お付き合いを・・。

 

脈で体の状態がわかります。

私の学会では、手首の脈を通して体の状態を見ています。

走った後に心臓がドキドキして脈が速くなるのはイメージしやすいかと思います。

脈が速いと、

  • 体が緊張しているな。
  • 呼吸が乱れて酸素が取り込みにくいかも?
  • 体のどこかに熱があるのでは?

逆に遅いと、

  • 今日は体がダルイのかな?
  • 眠いのかな?
  • 足腰が冷えているのかも?

なんてことを考えながら、

皆様の体調に合わせてツボを決めます。

本当は、もっとたくさんあるのですが、そのルーツは2000年前の古典に遡ります。

 

死ぬ時の脈が正常?

古典の名前を『難経(なんぎょう)』と言います。

目次を付けると81項目。

その8番目。

難経八難には、

死ぬときの脈がどうなるのか?』

について書かれています。

皆さんは、人間が死ぬ時は、どんな脈になると思いますか?

苦しくてドキドキするから早くなる?

逆に、生きる力がないから、遅くて弱々しい脈になる?

難経には、なんと、

『正常(平脈)になる。』と書かれています。

???ですよね。

なぜ、もうすぐ死ぬかも知れないのに正常なんでしょう?

そこには、東洋医学独自の捉え方があります。

東洋医学の世界観を説明するために、西洋医学と比較してみます。

 

西洋医学の健康とは何でしょう?

西洋医学では数字で正常値を決めて、

その範囲の中に入るものだけを『健康』と呼んでいます。

本人が元気でも、数字が正常値に入らなければ、不健康=病気です。

これって、ちょっと違うと思いませんか?

一方、東洋医学に正常値と言う概念はありません。

個々の良い状態は個々によって違うからです。

例え、健康診断で正常値に入らなくても、

  • 美味しくご飯が食べれて、
  • 好きな所に出掛けられて、
  • 笑顔が出れば、

東洋医学では健康と捉えます。

では、東洋医学では、どんな時に病気と言うのか?

それは、『変化のない状態』

つまり、停止を意味します。

 

常に変化していることで健康を保つことができます。

川の水は流れているから綺麗です。

石やゴミで水が流れなくなると、

川が濁り、そこにいる魚は死んでしまいますよね。

ですので、流れている(変化している)ことが重要となります。

人間も同じで、常に変化していることで健康を保つことができます。

 

カラダの変化と食事。

少し哲学的な固い話になりましたので、

イメージし易い様に、『変化』を食事でご説明しますね。

まず、胃袋が空になると言うカラダの変化が起こります。

胃袋が空になるとお腹が空くので食事をします。

食事によって、食べ物が胃袋に入ります。

胃袋が刺激された変化によって、消化と言う胃腸の働きが生まれます。

胃腸の働きによって、栄養がカラダに吸収されます。

そして、元気なります。

これらは、全てカラダの変化がもたらす人間の行動です。

カラダの変化がない止まった状態だと食事すら摂りません。

とても不健康です。

食べないと死んでしまいますもんね。

 

変化ナシは究極の不健康

少し遠回りしましたが、さっきの脈の話に戻します。

死ぬときは正常な脈になる?

でしたね。

正常な脈とは、

つまり、どこにも変化のない脈と言うことです。

体のどこにも変化がない状態は究極の不健康。

つまり、死と言う捉え方です。

分かったような、分からない様な・・。

そんな感覚が東洋医学の面白い所です。(笑)

 

『結論』

今までの常識とは違った視点を持つ東洋医学。

常識に捕われない治療法だからこそ、

常識の範疇でしか治療してこなかった病気が、時に劇的に治ったりします。

視点を変えてアプローチできる強みが鍼灸にはあります。

同じことをしていても前には進みません。

時に視点を変える柔軟性も大切です。

まだまだ、ご紹介したことはたくさんありますが、またの機会に・・。

『ヘルニアが鍼灸で治りますか?』

少しは回答になりましたでしょうか? ^_^