12月に入り急に寒くなりましたね

本格的な冬になると、踵(かかと)が割れたり、しもやけに悩まされる方も多いのではないでしょうか?

冷え性と言ってもタイプはさまざまです

冷え性のタイプ

全身が冷えるタイプ

[原因]

加齢や栄養不足で筋肉量が減り基礎代謝が低下しています(体温が低くなっています)

[対処法]

筋肉の元となるたんぱく質を積極的に摂りましょう

手先だけ冷えるタイプ

[原因]

毛細血管の働きが悪く末端の血流不足です

[対処法]

手首や足首を回したり、指先や足先のグーパー運動をしましょう

顔はほてるのに下半身だけ冷えるタイプ

[原因]

自律神経やホルモンバランスが乱れています

[対処法]

ストレスを溜め込まないことが大切です。早めの睡眠を心掛けましょう。湯船につかってリラックスするのもいいですね♪

おすすめの冷え性対策

①朝起きたらお白湯を飲む

寝ている間は体温が低下しています。朝一番に免疫の80%を占める腸を温め代謝を良くしてあげましょう

②カラダを温める食材を選ぶ

バランスの良に食事を基本に身体を温める食材を選びましょう。生姜・ニンニク・玉ねぎ・ニンジン・キムチ・根野菜・発酵食品などがお勧めです

③ぬるめのお湯にしっかり浸かる

温度が高いとすぐにのぼせてしまいます。からだの芯から温まるためには、38~40度くらいの少しぬるめのお湯に10分以上浸かりましょう

④お腹を温める

おヘソは臍下丹田(さいかたんでん)と言って東洋医学ではエネルギの源です。ホッカイロをヘソ下に貼っっておきましょう

⑤首を冷やさない

首はひとつではありません。手首・足首もあります。首と言われる部分は細く、解剖学的に血管が表面に浮き上がるところです。外気の影響を受けやすいですので、マフラー・手袋・靴下などで対策をしましょう

冷え性に効くツボ

太谿(たいけい)

足の少陰腎経

[ 症状・効果 ]

冷え性・むくみ・水分代謝・加齢による衰え

[ ツボのとり方 ]

内くるぶしとアキレス腱の間のへこんだところ

[ 刺激の仕方 ]

指で痛気持ちいい程度に7秒×3回押して下さい。

できれば、お灸をしましょう。

*当院でもご家庭で簡単にできるお灸をお分けしております。

当院でできる温活♪

国産オーガニックよもぎ蒸し

体温は免疫力に関与し、体温が1℃上昇すると免疫力は6倍。逆に1℃下がると30%低下と言われています

よもぎスチームで、直接、腸をあたためる腸活は、内臓機能を高め、冷え性などの体質改善が期待できます

自宅で簡単お灸

誰でも簡単にできます

お灸は回数よりも継続が大切。毎日1回で良いのでツボにすえてください

寝る前など、リラックスしている時がお勧めです

初回は保存ビンもプレゼント!

酵素ドリンク

ハーブザイム ®  113 グランプロ ジンジャー

ジンジャエール味

朝、飲むことで腸活が手軽に始められます

高知県産の生姜を配合。国産113種類の野菜、果物、海藻、キノコ類、穀物を天然「ヒノキ樽」自然発酵させた超濃縮発酵ドリンクです

胃腸を元気に!

あずきのチカラ

100%天然あずきを使用。遠赤外線効果でポカポカと温かいですよ。電子レンジで手軽にでき250回繰り返し使えるので経済的です

寝る前におふとんの中に入れておくのがGood♪

いかがでしたか?

ご自分の生活スタイルに合わせて対策してくださいね

生活習慣病予防アドバイザー
鍼灸師:小島学志