さっき食べたばかりなのに、もうお腹が空いた~

甘いものでも食べよ~。パクリ♪

こんなことを繰り返していませんか?

それは、あなたの意思が弱いからではなく自然な体の反応です

高GI食品とは?

すぐお腹が空く原因は血糖値を上げやすい「高GI食品」を食べるからです

高GI食品とは血糖値が上がりやすい食品のこと(GI値70以上)

上の表を見てください

白砂糖(109)・あんパン(95)・白米(84)・うどん(80)などは全て高GI食品です

血糖値スパイクとは?

高GI食品を食べると血糖値が急上昇するため、そのリバウンドで大量のインスリンが放出されます。その結果、カラダの中は一気に低血糖へ・・!!

低血糖はいわゆる飢餓状態。お腹が空きます

高GI食品を食べる → 空腹を感じる → また、高GI食品を食べる

まさに、悪のスパイラル!!

この血糖値の乱高下を「血糖スパイク」と言います

血糖値スパイクのサイン

通常、血糖値の測定は病院でおこないますが、ご自分でも予測することができます

例えば、食後は眠くなりますね。これは血糖値が上がっているからです

充分な栄養がカラダの中にある状態なので、「寝ても大丈夫だよ~」と言うカラダの反応なんですね

逆に、お腹が空いてイライラしている時は血糖値が下がった状態です

カラダの中が栄養不足と判断されています

血糖スパイクを繰り返していると、動脈硬化が進んだり、炎症・酸化・糖尿病リスクなどの健康被害も多くなります

血糖値スパイクの予防法

高GI食品を避けられると良いのですが、やっぱり、ごはん・パン・パスタ、食べたいですよね。そんな時は、先に野菜を食べてください

野菜の酵素が消化を助け、急激な血糖値の上昇を抑えてくれます

血糖値が安定すれば、お腹が空いて食べ過ぎたり、イライラすることもなくなるので、ココロもカラダも健全な状態を保てます

知っていると知らないでは大違い。知識は財産になります

日頃から、ちょっとした知恵や工夫で健康を意識したいですね

生活習慣病予防アドバイザー 小島学志