「スマホばかり見ないで勉強しなさい」

言ってませんか?

我が家にはよくある光景です(笑)

子どもの集中力は、

幼児期:年齢+1分程度
小学生:15分程度
中学生:30分程度
高校生:45分程度
大学生:90分程度

と言われています

小学生までは、15分程度

思ったより短かくないですか?

集中力が途切れた状態で勉強しても学力は伸びませんよね~。

そこでオススメなのが運動です

勉強と運動?

意外に思われるかも知れませんが、それにはホルモンが関係しています

「ドーパミン」って聞いたことありますか?

脳の神経伝達物質で、「やる気ホルモン」「幸福ホルモン」「ポジテイブホルモン」なんて呼ばれたりもします

運動したあとって、独特の爽快感がありますよね

このとき出ているのがドーパミンです

このドーパミンは快楽だけでなく、「集中力」を高めることがわかっています

その理由は、「今の行動は価値がある」と認識し、他のことに注意を向けさせないためと言われています

子どもの頃に、クラスにいませんでしたか、勉強もスポーツもできる優等生(笑)

文武両道を掲げる学校も多いですよね

ですので、集中力のない子どもほど、運動をさせてあげてください

運動後には、ドーパミンの量が急激に増えるので、集中力が発揮される状態をつくれます

良く遊び・良く学び・よく寝る

子どもの成長を楽しみましょうね