いま話題のヒト幹細胞をご存知ですか?

再生医療で研究が進んでおり、最近は化粧品の成分表示でも見かけますね

ヒト幹細胞ってなに?

ヒト幹細胞とは、

「ヒト」と「幹細胞」をつなげた言葉です

  • 人間 → ヒト幹細胞
  • 植物 → 植物幹細胞
  • 動物(豚・羊)→ 動物幹細胞

つまり、人間の幹細胞由来がヒト幹細胞です

幹細胞ってなに?

幹細胞とは、「色々な組織に変化できる細胞」のことです。たとえば、ケガで傷ついた組織が治るのは幹細胞が分化増殖し、あたらしい皮膚をつくってくれるからです

幹細胞はすべての生き物の中に存在します

幹細胞の種類

幹細胞は大きく2種類に分けられます

1つ目は、皮膚や血液のように、同じ細胞に変化するタイプで「組織幹細胞」と言います

2つ目は、違う組織にも変化できるタイプで「多能性幹細胞」と言います

ノーベル賞を受賞した山中教授のiPS細胞は人工的につくった多能性幹細胞です

幹細胞を利用した再生医療

幹細胞を利用すると、今まで治らないと言われた神経も再生できます。神経だけでなく臓器や組織もつくれます

まだまだこれからの分野ですが、IPS細胞の登場で大学病院や専門機関では、ドンドン研究が進んでいます

研究が進み、早く不治の病や難病が治ることを期待します

次回は、「化粧品のヒト幹細胞って効果ある?」についてお伝えします

お楽しみに♪