このような症状でお悩みではありませんか?

  かがむと痛みが強くなる。

  反り返ると痛みやしびれが強くなる。

  足の力が入りにくい。

  朝起きる時が一番痛い。

  痛くて座っていられない。

  シップが手放せない。

  足が冷たく感じる。

  腰が痛くて伸ばせない。

  太もも、ふくらはぎ、足が痛い。

  腰から足に痛みやしびれがある。

  痛くてしゃがめない。

  車の運転をしていると痛くなる。

  病院の薬を飲んでいるが良くならない。

  電気治療や牽引をしたが効果がなかった。

 

坐骨神経痛は原因へのアプローチが大切!


坐骨神経のある場所に痛みが出た状態を『坐骨神経痛』と呼んでいます。

具体的には、主に腰からお尻・下肢後面・足の裏にかけての痛み・シビレです。

よって、同じ下肢でも坐骨神経の通っていない場所、

例えば、ももの前は大腿神経ですので坐骨神経痛とは言いません。

坐骨神経痛は、「坐骨神経に痛みが出ています。」と言う症状に対して付けられた名前ですので、病名ではありません。

神経痛を出している原因は他にあります。

これを見つけてアプローチする事が大切です。

 

どうして坐骨神経痛が起こるの?


ふくらぎが痛い・足の裏が痛い。

なのに腰が原因?

あまり納得できませんよね。

しかし、ふくらはぎも足の裏も坐骨神経が通っています。

坐骨神経の通る場所の痛みを坐骨神経痛と言っているので、やはりこれも坐骨神経痛のひとつです。

坐骨神経を引き起こす原因は、坐骨神経が刺激される場所にあります。

それは腰とお尻。

腰ならヘルニアや脊柱管狭窄症が原因かも知れません。

お尻なら筋肉(梨状筋症候群)かも知れません。

また、骨盤や骨格のズレかも知れません。

基本的に病院でのお薬は痛み止めとビタミン剤です。

神経痛の症状を抑えることが目的ですので、本当の原因はそのまま。

だから治らないのです。

当院では坐骨神経痛の本当の原因にアプローチし、全身バランスを調整することで自然治癒力をUPさせ、あなたのカラダを改善して行きます。

 

 

お気軽にお問合せ下さい。0742-46-3311平日:9時~12時30/3時~8時
土曜:9時~12時30/3時~5時
休診:日曜・祝日 ・第1木曜午後

割引キャンペーン中! ホームページ限定・期間限定です。詳しくはこちら♪