このような症状でお悩みではありませんか?

  腰をかがめないと歩けない。

  最近、腰が曲がってると言われる。

  歩くと痛いが休憩するとまた歩ける。

  長い距離を歩けなくなった。

  自転車なら痛みは出ない。

  足の力が入りにくい。

  腰やお尻が痛い。

  太もも、ふくらはぎ、足が痛い。

  腰から足に痛みやしびれがある。

  朝、起きる時に痛みが出る。

  シップが手放せない。

  足が冷たく感じる。

  病院の薬を飲んでいるが良くならない。

  電気治療や牽引をしたが効果がなかった。

 

脊柱管狭窄症は改善の余地あり!


ご高齢になると腰のレントゲンやMRIで脊柱管狭窄症と言われた方も多いと思います。

人間の神経は脳から脊髄につながっており、脊髄が入っている場所が背骨(脊柱管)です。

つまり脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭くなって脊髄が圧迫されてます。

と言う意味です。

脊髄は、脳から続く神経のおおもとですから、これが圧迫されれば大変ですね。

ただその程度は幅広く、日常生活が出来ていれば充分改善の余地があります。

 

どうして脊柱管狭窄症が起こるの?


脊柱管は脊髄を取り囲む様に、背骨の中にあります。

骨の中の空洞は、椎間板や靭帯で構成されており、これらが変性することで空洞は狭くなって行きます。

その原因は、老化による骨の変形・圧迫骨折・ヘルニア・分離すべり症・靭帯の肥厚などさまざま・・。

重度のものは、骨の中の空洞ですので手術でアプローチするしか根本的な解決策はありません。

しかし、軽度のものであれば腰周りの筋肉血流を改善し、柔軟性や筋力を取り戻すことで脊柱管への負担を軽減することが出来ます。

事実、当院の施術で多くの皆様が良くなっておられます。

当院では、全身バランスを調整することで自然治癒力をUPさせ、あなたのカラダを改善して行きます。

 

 

お気軽にお問合せ下さい。0742-46-3311平日:9時~12時30/3時~8時
土曜:9時~12時30/3時~5時
休診:日曜・祝日 ・第1木曜午後

割引キャンペーン中! ホームページ限定・期間限定です。詳しくはこちら♪