このような症状でお悩みではありませんか?

  めまいや耳鳴りがする。

  立ちくらみがよくある。

  動悸が止まらない。

  息苦しい。

  下痢や便秘を繰り返す。

  だるさがとれない。

  眠れない。

  汗が止まらない。

  食欲がない。

  手足がしびれる。

 

自律神経とは?


体には大きく分けて3つの神経があります。

運動神経・感覚神経・自律神経です。

体が動けるのは運動神経のお陰です。

熱い・冷たい・痛いと感じるのは感覚神経のお陰です。

では、自律神経とは?

自律神経は主に内臓器の働きをコントロールして

私たちが生きていくための体の調整をしてくれています。

心臓も肝臓も胃も血管も

常に自律神経が監視しコントロールをしてくれています。

肝臓動け!血管小さくなれ!

と思っても動いたり小さくなったりしないですよね?(笑)

自律神経は読んで字のごとく『自律』している神経ですから、

普段私たちが意識することなく、勝手に体の調整をしてくれているのです。

もう少し、自律神経についてのお話しを続けます。

自律神経はさらに2つの神経に分けれらます。

交感神経と副交感神経です。

簡単に説明すると、

交感神経は興奮神経。

緊張状態や怒っている時、運動をしている時に働いています。

対して、

副交感神経は安らぎの神経。

寝ている時、リラックスをしている時に働いています。

どちらも体にとっては必要な神経で、

このバランスを上手くとってくれているのが自律神経です。

 

自律神経失調症とは?


自律神経の調整を失った状態を『自律神経失調症』と呼んでいます。

具体的な症状としては、

倦怠感・頭痛・めまい・耳鳴り・手足や顔のほてり・汗が止まらない・不眠・下痢・便秘など、

さまざまです。

自律神経失調症に悩まされ続けるのは、自分ではコントロールできない神経だからです。

また、更年期障害の際にはホルモンバランスの乱れから自律神経も乱れがちになります。

では、治療方法はないのでしょうか?

先程、自分ではコントロールできない神経と書きましたが、

私たちの体は生きていくために、常にバランスをとろうとしています。

ですので、体がバランスを取りやすい環境にしてあげる。

つまり、体に良いことを、たくさんしてあげればいいわけです。

具体的には、

・同じ時間に起きて同じ時間に寝る。

・しっかり食べる。

・シャワーでなく湯船に入る。

・昼間は日光に当たり、夜は暗くして寝る。

要するに、当たり前のことを規則正しく行うの大切です。

東洋医学の根本は『陰陽論』です。

自律神経で言えば、

交感神経の『陽』副交感神経の『陰』

です。

これらの調整は、東洋医学が最も得意とする分野です。

お困りの際は一度ご相談下さい。

 

 

お気軽にお問合せ下さい。0742-46-3311平日:9時~12時30/3時~8時
土曜:9時~12時30/3時~5時
休診:日曜・祝日 ・第1木曜午後

割引キャンペーン中! ホームページ限定・期間限定です。詳しくはこちら♪