おカラダを治すのはやさしい手です。

当院はボキボキや強いマッサージは致しません。できないのではなく、必要がないからやりません。大切なことは、強い刺激ではなく全身のバランス調整です。当院は、はりとお灸を使ってお体全体の調整を致します。鍼灸治療って恐いですか?そうですよね。はじめての方は緊張されますよね。でも断言できます。大丈夫です。はりやお灸が恐いと思う方、他院で嫌な思いをされた方も大丈夫です。はりやお灸は技術です。うまい・ヘタがあります。当院の鍼灸治療は、途中で寝てしまうほど気持ちの良い優しい施術です。ほぼ全員が痛くなかったと言って頂けております。腕前には、ちょっと自信があります。(笑)また、ご紹介も多く頂きます。はじめてご来院のきっかけの多くは、他の患者さんからのご紹介です。おカラダを治すのはやさしい手です。改めて申し上げます。当院の施術は痛くありません。

 

鍼灸治療(はり・きゅう)について

鍼灸治療は3000年以上続く伝統医学(東洋医学)です。ツボを使って人間が本来もっている自然治癒力を高めて行きます。 当院の鍼灸治療は、日本伝統の経絡治療です。ひとことで言うと、弱っている部分を見つけ出し、強くして行く治療法です。例えば、同じ寒い所に居ても、風邪を引く人と引かない人がいますね。 なぜでしょう?先に答えを申し上げますとウイルスを跳ね返す力の差です。風邪を引くのは、西洋医学ではウィルスが入ったからと考えます。 しかし、東洋医学ではご本人にウィルスを跳ね返す力がなかったからと考えます。西洋では『薬でウイルスを殺してしまおう。』ですが、東洋では『そもそもウイルスが入らない様に免疫力をUPしよう。』です。根本的な考え方が違いますね。これはお悩みの肩こりや腰痛でも同じです。全てのベースはご本人の自然治癒力にあります。経絡治療では「気」「血」「水」「五臓六腑」を整えることで、体の弱い部分を補いお体の根本治療を目指して行きます。 根本から治療を致しますので、少々お時間を頂く場合もありますが、治療を重ねるにつれ全身バランスが整い、自然治癒力UPと共にその効果が期待できます。
*当院のハリは使い捨てです。感染の危険性は全く御座いません。

 

鍼灸治療ってどんな効果があるの?

① 痛みを抑えてくれます。

痛みを押さえてくれるホルモン(βエンドルフィン)が脳内で作られ、鍼麻酔と言われる神経経ブロックに有効です。
βエンドルフィンは、モルヒネの6.5倍の鎮痛作用があると言われています。

 

② 自律神経を整えます。

神経伝達物質であるセロトニンが増加し、カラダがリラックスすることで自律神経のバランスを調整します。
自律神経は、胃腸などの内臓もコントロールしているため、内臓の働きが良くなります。

 

③ 深部の筋肉までほぐれます。

マッサージでは届かない深部の凝りも鍼なら届きます。
鍼を刺入すると血液やリンパの流れが改善され、凝り固まった深部の筋肉がほぐれて行きます。

 

④ 話題の美肌効果があります。

鍼で傷つけられた細胞は修復しようと増殖し細胞の活性化に繋がります。
そのため肌の弾力が高まり、シワやたるみの予防にもなります。

私が経絡治療をしている理由

西洋医学発展のお陰で病気が治る様になり、多くの命が救われました。 ありがたいですね。 では、東洋医学は必要ない?? そんな事はありません。西洋医学と東洋医学では病気に対する視点やアプローチが違います。 ですから、西洋医学が得意な病気。東洋医学が得意な病気があるのです。例えば・・。


①木の枝が腐った場合、西洋医学では、その腐った枝を「薬」や「手術」で取り除く治療をします。

 

 

 


②それに対し、東洋医学では腐った枝を切り落とすのではなく、「根」」や「土壌」部分を治療します。

 

 


③土壌改善には時間がかかるので、一時的にはこうなります。しかし土壌が改善され根が生き返ってくると・・。

 

 


 

④次第に葉が芽生え・・。

 

 


 

⑤こうなって・・。

 

 

 


 

 

⑥こうなります!

東洋医学は結果が出るまで少々時間がかかる場合があるかも知れません。 でも、結果をあせっては行けません。 傷ついた部分を取り除くのではなく、根本を治療する事で、自らの力で回復して行く。 私はカラダに優しい、ちょっとスローな東洋医学が大好きです。

 

 

鍼灸Q&A

Q.鍼は痛くないですか?

A.はい。痛くありません。

鍼灸院によっては太いハリを使用している所もありますが、当院では最も細いハリを採用しております。 治療中の恐怖感・緊張感・不安感は全く不要です。施術中は皆さんよく寝ておられます。(笑)

Q.ハリやお灸はどうして効くのですか?

A.患者様に「お腹が痛い時に薬を飲んでどうして効くのですか?」とたずねると「薬だから」と答えられます。これも「ハリ・灸だから」です。(笑)

Q.よく聞く自然治癒力って何ですか?

A.人間に備わっている体を修復する能力です。

例えば血が出ていても自然のカサブタができ、元通りの皮膚が再生されます。 キズの治りが悪い方は、昔より自然治癒力が低下していると言えます。

Q.効果はすぐ出ますか?

A.個人差が御座います。

すぐに楽になる場合と時間がかかる場合との違いは、「症状の程度」と「個々の自然治癒能力」の差によるものです。 また東洋医学では「未病を治す」と言う言葉があり、疲れが溜まって体調を崩す前(未病)にも効果があります。 今で言う日々の健康管理や予防ですね。

Q.習慣性や副作用はありますか?

A.いいえ。ありません。

鍼灸治療の効果はご自身のの自然治癒力に依存します。 注射やお薬の様に、人間が作り出した物を外部から入れるわけではありませんので、習慣性や副作用は一切ありません。

Q.治療の後、だるく感じる事があるのですが・・。

A.ツボが効き過ぎると一時的に色々な症状が出てくる場合が御座います。

次回ご来院時に詳しく症状をお聞かせ下さい。 ツボの変更や刺激量など、お体にあわせて調整して行きます。

Q.感染が心配なのですが・・。

A.当院の鍼(ハリ)は使い捨てです。感染の危険性は一切御座いません。

また、その他の治療機材につきましても、オートクレーブ機器(高圧蒸気滅菌器)により、完全滅菌しております。 当然の事ですが、衛生面に関しましては、万全を期しております。安心して治療をお受け下さい。

Q.治療後の入浴は大丈夫ですか?

A.大丈夫です。

鍼穴は毛穴よりも小さく、細胞内水分と何層にも重なる筋肉層で直後に閉じます。 また、治療後は免疫反応が起こっておりますので、当院では1時間以上あけて頂く事をお勧めしております。

Q.治療後、お酒は飲んでも大丈夫ですか?

A.はい。少々なら大丈夫です。

「酒は百薬の長」と言いますよね。但し、何事も腹八分目。ホドホドです。

Q.健康保険は使えますか?

A.当院では鍼灸の健康保険取り扱いをしております。

一定の条件を満たし、医師の同意があれば、少ない負担で治療できます。 詳しくは、気軽にお問い合わせ下さい。

 

東洋医学のちょっとマニアックなお話♪

私が鍼灸治療をはじめて十数年になりますが、その素晴らしさを改めて実感しています。 最近は、「身体にありがとう」と言う、感謝の気持ちを込めた、「ひとときのくつろぎタイム」を、皆さんに作って頂く事をお勧めしています。

「なんだかだるい」「スッキリしない」といった、病院へ行くほどではないけれど、なんとなく不調でつらい状態を、「未病(みびょう)」と言います。 東洋医学では、生きて行くエネルギーを「気血(きけつ)」と言い、気血が少なくなったり、流れにくくなったりすると体調を崩すと考えています。「未病」はこの前兆です。

頚痛・肩痛・腰痛・膝痛など、その原因は、気血がうまく流れてないのかもしれません。 また、体内には「気血」を流す通路があり、それを「経絡(けいらく)」と呼んでいます。 皆さんがよくご存知の「ツボ」は、この経絡でつながっており、それぞれに影響しあっています。

ですので、「このツボは何に効きますか?」と言われても、その組み合わせや症状によって変わりますので、一言ではお答えできません。 テレビなんかで紹介されているツボは、一般的にわかりやすい物が多いので、専門的な立場から見れば、本当かな~?なんてのもありますね。(笑)

よく「ハリとお灸はどう違うのですか?」と言うご質問もお受けします。 東洋医学的に言えば、、鍼(ハリ)は「気」を調節し、お灸は「血」を調整したりします。 また、ハリの方が適しているツボやお灸の方が適しているツボがあったり、急性期の炎症をとるのにハリ・慢性期の疲労回復にお灸を使ったりもします。

これ以上は、少しマニアックなお話になりますので、割愛致しますが、ハリもお灸も自己免疫力を回復させて、自然治癒力を高めてると考えて下さい。 一緒に行えば相乗効果が期待できますし、苦手ならどちらかでもいいと思います。

ハリは痛いのをガマン。お灸は熱いのをガマン。と言うイメージがあったりもしますが、決してそうではありません。 人には感受性があり、ご本人が気持ちいいと思う刺激が一番適した刺激量(ドーゼ)と言う事になります。強い刺激が気持ちいい方は、強い刺激が適しており、弱い刺激が気持ちいい方は、弱い刺激が適しています。

もちろん、ハリ刺激は少しでいいですし、お灸は心地よい温熱で十分効果があります。 鍼灸治療では、気血を調整します。気血は経絡によって全身をめぐっていますので、腰痛の治療をはじめてから、「良く眠れる様になった。」「便秘しなくなった。」「風邪をひかなくなった。」 なんてうれしい事にも出会えるかもしれません。

自律神経の調整・疲労回復・体力増強・体質改善など、自己免疫力を高め、未病の予防にもつながります。 是非、気持ちよくリラックスして治療をお受け下さい。

 

医学的にも立証されているその効果

あれがいい!これがいい!と、健康ブームがありますが、ブームは5年・10年で過ぎ去ってしまいます。 その時に もてはやされた治療法も、効果がなければ、やがてなくなってしまいます。

しかし、鍼灸には3000年以上の歴史があります。 それだけでも、鍼灸治療は、効果の立証された治療法だと私は思っています。 歴史のある鍼灸ですが、近年はその研究を、医療機関・鍼灸大学等で意欲的に進められております。 その結果、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用し、筋緊張の緩和・血液やリンパの循環改善をもたらす事が、西洋医学的にもわかってきております。

下記は、鍼灸の鎮痛効果について、医療機関の実験などで立証された代表的なものです。

1.ゲートコントロール … 針刺激が脊髄において痛みを抑制する。
2.エンドルフィン  … 針刺激がモルヒネ様鎮痛物質の遊離を促し痛みを抑制する。
3.末梢神経の遮断 … 針刺激が末梢神経の痛みのインパルスを遮断する。
4.痛覚閾値の上昇 … 経穴(ツボ)の針刺激により痛みを抑制する。
5.血液循環の改善 … 筋肉の緊張をゆるめ血行状態を良くする。

難しい事を書いていますが、簡単に言うと、 「鍼灸刺激が脳や脊髄に作用し、血流を良くしたり、痛みを抑えたりする事が実験でわかりましたよ!」 と言う事です。あまり表には出てこない鍼灸治療ですが、実はオリンピック選手やプロ選手など、一流と呼ばれるスポーツ選手のかなり多くは鍼灸治療を受けています。 テレビの24時間マラソンなんかでも、よくハリやお灸をしながら走っておられますね。

鍼灸治療は、一般的には治療費が高く、一部のトップアスリートしか治療を受けにくい様です。 しかし当院では、ハリの良さを広く知って頂きたいとの思いから、その様な料金は頂いておりません。 「料金の高い鍼灸院と、先生の所とはどう違うの?」 とのご質問をお受けする事があります。 同じです。もしくは、それ以上だと信念をもって治療させて頂いております。 高いからいい治療。安いから悪い治療と言う事はありません。治療する技量の問題です。

常に業界高水準であるべく、またご縁のあった皆様のお力になりたいと願い、日々たくさんの臨床家の先生と交流して精進しております。 WHO(世界保健機構)でも361個のツボ(経穴)が認定され、世界的にも伝統ある東洋医学が見直されています。

= ご予約・お問合せ =0742-46-3311平日:9時~12時30分 / 15時~19時30分
土曜:9時~12時30分 / 15時~17時
休診:日・祝・第1木曜午後

*お気軽にお電話下さい。