捻挫・打撲など、ケガをしたら『RICE』

明日は、鳥見小学校の運動会です。

天気予報も快晴!

いい運動会になりそうですね。

毎年ですが、運動会前にはケガが多くなります。

当院にもたくさんの子供たち通院してくれています。^_^

 

 

今週も、

太ももの筋肉損傷。

足首の捻挫。

肘の打撲。

膝の打撲。

と立て続けです。

 

 

最近は危険なことはやらせない風潮になっていますが、ケガの経験が生きることも多いです。

後遺症の残るケガは困りますが、ケガを恐がっていれば何も出来ません。

ケガをする子供を心配しても責めないであげて下さいね。

一生懸命やってる勲章ですよ。^_^

 

 

とは言え、ケガをの初期処置は重要です。

 

 

今日は、ケガの基本の処置。

『RICE』

をご紹介致します。

RICE(ライス)は処置の頭文字です。

 

Rest(安静)

Icing(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

 

簡単に言うと、

冷やして、固定して、動かさない。

ケガをした場所を心臓より上に挙げておきましょう。

と言う事です。

早く治すコツ。

それは、いかに早く良い処置ができるか!

『RICE(ライス)処置』

もしもの時のために、頭の片隅に置いておいて下さいね。

運動会がんばれ~!! ^_^

 

 


 

奈良市鳥見町3-11-1-56-106

tel : 0742-46-3311

こじま富雄団地接骨院

http://koijma-tomio.com