意識しないことに目を向ける大切さ。

日曜日は、大阪で古典鍼灸の定例会に参加して来ました。

古典の生理学(臓象学)・書物・臨床を毎月勉強しています。

私は実技で上級者クラスの指導をさせて頂きました。

上級者クラスになると、普段は院長先生をされている先生もたくさんおられるので、臨床の話をディスカッションできて私も楽しいです。(笑)

ところで、古典鍼灸ではお体の状態を手首の脈で判断します。

西洋医学では橈骨動脈ですね。

西洋医学では、血圧と心拍数を計っていますが、

東洋医学では、

脈の硬さ・太さ・元気さ・位置など、色々なことを診ています。

『橈骨動脈でカラダ全体の事がわかるはずがない・・。』

西洋医学が発展し、科学化が進んだ現代では、そう批判される事も多いです。

しかし、否定から入ればその先は何も見えてきません。

目の前に『あるもの』・『見えるもの』だけが真実ではありません。

東洋医学の概念に『陰』と『陽』があります。

『陰』と『陽』が揃って『ひとつ』です。

例えば、男性は『陽』・女性は『陰』です。

父(陽)と母(陰)がいて、私が生まれました。

どちらが欠けても私は存在しませんね。

私が生きていると言う現実の中に、普段は意識しない両親の姿があります。

『自分が存在するのは両親のお陰・・。』

皆さんは意識されたことはありますか?

ご先祖様を大切にする・・。

良き日本の風習にもつながりますね。

お陰様で私も5人の父です。

男(陽)一人。

女(陰)四人。

を授かりました。

私(陽)だけでは授かりません。

妻(陰)がいてくれたので、授かりました。

妻に感謝!

そうやって、命は受け継がれて行きます。

陽2人+陰5人=我が家です。

少し話はそれましたが、私が言いたいのは、

『普段意識しないことに目を向けることも大切。』

と言うことです。

ご先祖様の存在。

父と母の存在。

妻の存在。

私の存在。

子供の存在。

何も意識しないで脈を診てもわかることは少ないでしょう。

しかし、古典を学び・意識して脈を診ると見えてくるものがあります。

はじめから『わかるはずがない。』と否定すれば、当然、わかるはずはありません。

否定から始めず、まず自分でその世界に飛び込み勉強することが大切です。

『故きを温ねて新しきを知る』

先人達が残したものを勉強することで、また新たなものが生まれて来ます。

そうやって今があります。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

ご縁を頂いた皆さまを
こころを込めて施術させて頂きます。

こじま富雄団地接骨院

http://kojima-tomio.com
tel : 0742-46-3311

奈良市鳥見町3-11-1-56-106
( 富雄団地ショッピングセンター内)

奈良市富雄の
■ 接骨院 , 鍼灸院 , 交通事故治療院 ■

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*