ストレッチは正しく行いましょう。

日曜日に息子の少年野球のお手伝いに行って来ました。

チーム監督にストレッチ指導を頼まれましたので、
子供達に正しいストレッチ法を指導させて頂きました。

子供達のストレッチを見ていると案の定適当です。(笑)

適当なストレッチでは効果も半減・・。

どこの筋肉を伸ばしているのかを意識してやることが大切です。

また、ストレッチは大きく、

「ダイナミックストレッチ」
「スタティックストレッチ」

に分けられます。

つまり、

「動的ストレッチ」
「静的ストレッチ」

ですね。

一般的には、

運動前には筋肉を温めながらできる
「ダイナミックストレッチ」

運動後には疲労を回復させる
「スタティックストレッチ」

が良いとされています。

理由は、

運動前に筋肉を緩めすぎると筋緊張の減少からパフォーマンス低下を
招きますので、運動前は適度な筋緊張を保つことが大切。

逆に、運動後は筋肉をしっかり緩めて疲労の蓄積をさせないことが大切。

だからです。

正しいストレッチを行うことで、運動パフォーマンスの向上やケガの予防になります。

運動の前後は、正しいストレッチを必ず行いましょう!