鍼灸など「伝統医療」がWHOへ認定されます。

1月9日の産経新聞に漢方薬や鍼灸(しんきゅう)などの日本・中国の伝統医療が、今春に開催される世界保健機関(WHO)で認定される方針。と報じられました。

具体的には、「国際疾病分類」(ICD)に、伝統的な東洋医学の章が追加されることになります。
大好きな鍼灸治療が世界的に認めたれた事は、一鍼灸師としてうれしく思います。

鍼灸治療は3000年以上続く伝統医学(東洋医学)です。
ツボを使って人間が本来もっている自然治癒力を高めて行きます。

特に、当院は古典に則った日本伝統の鍼灸治療(経絡治療)を行なっております。
日本鍼灸の特徴は、細いハリを使って、痛みのない優しい治療ができると言う点です。

全身をめぐる気・血・水を整えることで、免疫力や抵抗力がUPし、お身体を健康にしてくれます。
子供やお年寄り・妊婦さんなど、幅広く治療できますので、お気軽にご相談下さいね。

当院の鍼灸治療については「コチラ」をご覧下さい。